走行中のシフトチェンジのポイント

マニュアル車の場合は自分でクラッチを切り、シフトチェンジすることになります。この動作は車にとってエンジンの力を適正にタイヤに伝えるために必要なことであり、オートマチック車ではほぼ自動で切り替わっていきます。ミッションと呼ばれる動力を適正に伝えるギアの集合体はクラッチによって駆動部分と繋がっており、適正な回転速度で繋がないとギアが合わずに車に無理な動きをさせてしまいます。例えば、速度が上がっている状態でギアを落とせば、エンジンがギアを回す負担が減るのでエンジンの回転は上がってしまい、最悪、エンジンの不調を引き起こします。逆に、速度が上がっていない状態でギアを高いギアにするとエンジンがギアを回す負担が増えすぎ、最悪、エンストを起こしてしまいます。くるの回転計にはいわゆるレッドゾーンが指定されており、その区域はエンジンの回転が負担になっており、続けて使うと壊れてしまうこともあります。ミッションのギアを適正につないでいればエンジンへの負担もへりますし、何より搭乗者に負担が少ない運転となります。また、オートマチック車では難しい、エンジンブレーキもマニュアル車は比較的簡単に行えるのもギアを自分で選べるからです

Filed under: 未分類 — okura 1:46 PM