シフトレバーの操作のコツ

シフトレバーを上手に操作することは、自動車の燃費を長持ちさせるだけではなく、恐ろしい事故の予防にもなります。
ヴェーパーロック現象という現象があります。これは簡単に言うと車のブレーキが利かなくなってしまうことです。自動車は、ブレーキを使うことで内部に熱が発生しますが、この熱によってオイルに含まれる水分から気泡が発生し、いわば沸騰した状態になることが原因です。ブレーキペダルが踏まれると、通常はその圧力は、オイルを通してブレーキ機器にまで伝達されるのですが、気泡が出来てしまうと、気体は圧力を受けて大きく縮むため、うまく力が伝わらず、ブレーキが利かなくなってしまうというわけです。自動車のフットブレーキの殆どには油圧式ブレーキが採用されていますが、これに特徴的な現象で、この方式では、ある程度避けられない現象でもあります。
この現象は、レバー操作に気を付けることで回避できます。ブレーキが深く踏み込まないと利かなくなってくるなど、前兆が感じられたら、ギアを段階的に下げ、エンジンブレーキによって加速を抑え、徐々に減速します。フットブレーキはなるべく使わず、ハンドブレーキも同時に徐々に引くなど併用し、フットブレーキを休ませることで冷やして回復を待ちます。
ヴェーパーロック現象は、下り坂などでのフットブレーキの多用で起こりやすくなるので、レバー操作を上手に使って、エンジンブレーキを使えるようになると良いでしょう。

Filed under: 未分類 — okura 1:50 PM