斜めの操作のコツ

マニュアルミッション車でギアシフト操作を行うには、クラッチを完全に切った状態からギアを抜き、ニュートラルの位置に戻してから、次の動作を行います。2速から3速に切り替える時には、斜めにシフトレバーを動かすイメージでは上手くいきません。 2速からニュートラルの位置で1拍置き、3速に入れます。「斜め」に動かすのではなく、「クランクのようなイメージ」です。ニュートラルからギアを入れクラッチを上げる時に、速度とエンジン回転数を合わせます。速度とエンジン回転数を合わせるために、アクセルを緩める、空吹かしするなどをおこない、これによってスムーズにギアを変えることができます。ギヤの回転数とエンジンの回転数が同じになった時が、スムースなギアチェンジのタイミングです。ギア毎の速度と回転との関係は、自分の車を動かしているうちに自然と身についてきますが、初めのうちはエンジンの回転数とギヤ比の関係を数値で知っておくと目安になります。 極端な話では、ギヤの回転数とエンジンの回転数が合った瞬間では、クラッチを踏まなくても、ギアチェンジができます。車を熟知しているラリードライバーなどは、クラッチを踏まずにギヤチェンジを行っています。それでタイムラグを減らし、レスポンスを向上させることができるのですが、一般的なユーザーでそれを行っている人は多くはないでしょう。ただしクラッチワイヤが切れるといったアクシデントに見舞われた時には、安全な場所まで走行するのに大変役立つテクニックになります。日頃から「クランクのようなイメージ」で2速から3速にシフトチェンジし、ギヤの回転数とエンジンの回転数の適正を知る運転に心がけましょう。

Filed under: 未分類 — okura 1:47 PM