マニュアル(MT)車の基本的な乗り方

マニュアル車は数こそ減っていますが、仕事の種類によっては操作が必要になることも少なくありません。ここではそうしたMT車の基本的な乗り方をご紹介します。

オートマ車は車が速度を自動で感知して、それに合ったシフトを自動で選んでくれます。一方、MT車ではこの動作を自分で行う必要があります。

そのために操作するのが、クラッチペダルとシフトレバーです。まず、停車した状態から1速で走り出す際の操作を見てみましょう。

まずはブレーキとクラッチを踏みます。クラッチを踏んだままシフトを1速に入れます。これはニュートラルの位置からシフトレバーを左いっぱいにまで動かし、そこから上に上げると行えます。

そうしたらクラッチペダルをある程度上に上げます。これが半クラッチという操作です。クラッチ板が一部つながっている状態ですので、じんわりと動力を駆動装置に伝えることができます。

すると車がゆっくりと前進し始めます。ある程度前進したら、クラッチペダルから足を離します。これはクラッチをつなぐという動作です。

シフトアップをする場合には、走行中にクラッチペダルを踏み込み、シフトレバーを任意のギアに入れて、半クラッチ、クラッチをつなぐ、という操作を行います。

Filed under: 未分類 — okura 1:35 PM