クリーピング現象で3の事故に注意

マニュアル操作をしてきた人にとっては、オートマ車は簡単に感じられるかもしれませんが、クリーピング現象には注意が必要です。エンジンをかけたあとに、シフトをドライブにもっていきブレーキをはなすと、自動的に車が前に進む現象です。この現象は、マニュアル車にはありません。もう一つ注意したいところが、高速道路などの料金所などで、ほかに注意が向いている時に、ブレーキの踏み込みがゆるまり、ゆっくりと前進してしまうことです。しっかりとブレーキを踏んで、車が動かないように注意しましょう。クリープとは忍びよるという意味の言葉です。クリープ運転は渋滞や、車庫入れなどゆっくりな運転が求められる時に重宝します。急な上り坂の場合、クリープの力よりも重力の力が大きければ、車は後退しますので注意が必要です。クリープのデメリットは、運転者の意思とは関係なしに動くことで、事故につながることがあります。停車中にサイドブレーキの引きが甘く、運転者の意思とは関係なしに、車が動いてしまう。エンジン始動直後などアイドリングの回転速度が高い場合に、急発進しないように、ブレーキを踏まないと、キーが回らないようになっていてエンジンがかからないようになっています。

Filed under: 未分類 — okura 1:50 PM