AT車とMT車の違いとそれぞれのメリット

ソファーとテーブル ダイニング01オートマ車とマニュアル車の違いやそれぞれのメリットを運転しない方や、これから免許を取る方にもわかりやすく説明していきたいと思います。
まずMTとはManual Transmissionの略で通称マニュアルと言い、ギアの変速を自分で行う方式です。
クラッチという機能を用いてギアの変速を行います。
自動車の場合クラッチペダルという足で操作するペダルを踏み込むことにより、エンジンからクラッチが外れ、動力を伝達されなくなります。
そこでギアを変速し、クラッチをゆっくり繋ぐ事により動力が伝達され車が動くと言う仕組みになっています。
つぎにATとはAutomatic Transmissionの略で通称オートマと言い、ギアの変速を自動で行う方式です。
オートマにはマニュアルと違いクラッチがありません。
自転車で最初は軽いギアで始まりどんどん重くしていくと思いますが、それがスピードにより勝手にギアが変速していくという感じです。
つまりオートマとマニュアルの違いは簡単にいえばギアの変速を自動でやるか手動でやるかの点だけで、オートマは自動、マニュアルは手動といったところです。
次にマニュアルのメリットは、製造コストが低く済むので車体価格がオートマと比べ安く済みます。
さらにギアをこまめに変換出来るので駆動ロスが少なく燃費が良く走れます。
オートマのメリットは、何と言っても運転が楽です。
誰でも運転しやすく、クラッチに気を取られることが無いので運転に集中できるといったところです。